薄毛予防で未来を明るく

薄毛予防で未来を明るく

自分は禿げないだろうと思って、染髪からパーマなど髪にダメージを与えすぎると、将来後悔するかもしれませんよ?薄毛予防をして頭ではなく未来の自分を明るく導きましょう

まずは早寝早起きで薄毛予防

薄毛予防には睡眠の質がとても大切になってきます。そのため、早寝早起きをすることが、薄毛の改善をすることにつながってきます。なぜ、早寝早起きが薄毛予防につながるのかについてですが、そもそも髪の毛が最も成長する時間帯は22時から深夜2時の間だと言われています。この時間帯は最も成長ホルモンが分泌される時間帯です。成長ホルモンが多く分泌されることで、髪の量を増やしたり、髪の太さを太くさせることができます。そのため、できることなら夜は22時までに眠るのがよいです。また、食べ物から摂取した栄養素をエネルギーに変えるのは夜寝ている間であると言われています。そのため、たっぷりと睡眠をとることも大切です。しかし、あまり寝すぎてしまうのもよくありません。睡眠をとりすぎてしまうと、起きてからの行動が鈍くなってしまいますし、朝遅くまで寝ていると、必然的に夜眠くなるのも遅くなってしまいます。早く寝たいけれど、眠ることができないという状態になってしまい、それが原因でストレスを感じてしまうと、かえって抜け毛を促進させてしまいます。そのため、早く寝て早く起きるという規則正しい生活を繰り返していくことが大切です。休みの日などは昼まで寝てしまっているという人も多いですが、昼まで寝てしまうと、朝ごはんを食べることができないので、一食分の栄養を摂取することができなくなってしまいます。せっかく早く寝ても、髪の毛に行く栄養が少なくなってしまっては意味がありません。そのため、薄毛予防には、しっかりと栄養をとったのちに、早寝早起きをすることが大切になってきます。なかなか早く眠れないという人は、日中運動をして、体を疲れさせることで、早く眠ることができるようになるのでおすすめです。