コンテンツへスキップ

基本的な乾燥肌対策

乾燥肌の対策をする前に症状を把握する


肌の乾燥は様々な肌トラブルを引き起こします。大人のニキビは乾燥肌が原因です。ストレスや生活習慣の乱れによってホルモンバランスが崩れ、肌が乾燥します。

肌が乾燥すると、肌のバリア機能が働き、皮脂の分泌量が増えます。皮脂が毛穴に詰まることでニキビになってしまうのです。ストレスや生活習慣の乱れの他に、洗顔のし過ぎも乾燥肌の原因になります。

洗顔しすぎると、皮脂が少なくなるからです。肌の水分や脂分は、肌のバリア機能です。それが失われることで、肌が無防備な状態となってしまいます。

バリア機能が失われると、肌が無防備な状態になり、外部からの少しの刺激にも敏感になります。その結果、痒みも起こりやすくなるのです。

また、そこで掻いてしまうと、ヒスタミンなどの分泌が増え、痒みはさらに増します。同じく、湿疹も皮膚のバリア機能低下によって引き起こされます。

一度湿疹になってしまうと、ターンオーバー周期が早くなるので、治りにくくなってしまうのです。乾燥肌は、触ると悪化します。改善のためには、保湿が必要です。また、掻かないようにするために、痒み止めなどの塗り薬も併用しましょう。

男性も女性も乾燥肌に悩まされている

乾燥肌に悩まされている人は、性別に関係なく、多いです。顔は肌が弱い所なので、敏感に反応しやすくなります。また、痒みやニキビ、湿疹などの症状が乾燥を原因として起こりやすくなるのです。他にも、洗顔のし過ぎも乾燥の原因となります。

汚れによるものだと思って洗いすぎると悪化するので、洗いすぎには注意が必要です。洗顔後には保湿クリームを塗るなどして、肌を保護しましょう。

乾燥肌は、生活習慣の乱れやストレスなども改善しないことには、完治しにくいです。食生活や生活サイクルの乱れは起こりがちなので、問題が起きているなら、改善しましょう。

背中は、肌の中でも皮脂腺が少ないので、乾燥しやすいです。また、手が届きにくいので、ケアをしにくい箇所でもあります。お風呂場で痒いからという理由でゴシゴシと強く洗いすぎることも悪化させてしまいます。背中も乾燥状態を防ぐために保湿が欠かせません。

湯船につかる際も、熱すぎるお風呂に長く入りすぎると、潤いが逃げてしまいます。適度な温度に調整して湯船につかりましょう。また、保湿クリームは、お風呂上がりにすぐに塗りましょう。水分が逃げ切る前に塗った方が、効果が高いのです。

乾燥肌におすすめの化粧下地


日本では乾燥肌で悩む人が増えています。乾燥肌は日頃のスキンケア対策で改善することが可能です。

乾燥を防ぐために洗顔料を使わずに水やぬるま湯だけで顔を洗う人もいます。しかし、酸化した皮脂は、肌トラブルの原因になるので、肌への刺激が少ない洗顔料で洗うようにしましょう。

乾燥肌とニキビで悩む人は、刺激の少ない洗顔料で顔を洗いましょう。朝に洗顔した後は、保湿をしっかりすることが大切です。また、化粧下地にも気を使うことでメイク中も肌のケアができます。

乾燥がひどい場合は、美容オイルを薄く塗りましょう。美容オイルを使う場合はごく少量を塗るのがコツです。量が多すぎると化粧崩れの原因になります。

日本ではドラッグストアでもオンラインショップでも優れた化粧品を購入できます。最近はコントロールカラーの効果が加わった商品も人気です。

乾燥肌の人は、肌が敏感になっているので、できるだけ肌に負担がかからない下地を使います。無添加の下地は、敏感肌や乾燥肌の女性に支持されています。無添加の下地とは、着色料や鉱物油、香料などの添加物が配合されていません。

保湿剤を使う場合は肌の状態をチェックしてから使います。保湿コスメと保湿剤は異なるのです。保湿コスメは毎日のスキンケアで使うことができます。対して、保湿剤は、肌がひどく乾燥した時など必要な時に使うのです。

乾燥肌の対策は清潔にして保湿する

乾燥肌対策の基本は、肌を清潔にすることと、保湿です。刺激の少ないクレンジングや洗顔料で丁寧に顔を洗った後は、徹底的に保湿します。

洗顔で使うタオルの選択も重要で、古いタオルだと繊維が硬くなり肌を傷つけてしまうこともあるのです。タオルは、肌触りのよい柔らかいタオルを選びましょう。

刺激を少なくするために自然乾燥させる人もいますが、洗顔後は肌が無防備な状態になっています。水分が顔に残っていると蒸発するときに内部の水分まで蒸発させてしまうので、乾燥の原因になります。乾燥が気になる場合は、保湿クリームも便利です。

最近よく話題になっているのは、ヒルドイドと呼ばれる保湿剤です。

ヒルドイドはヘパリン類似物質の保湿剤で、アトピー性皮膚炎や乾燥肌によく使われます。ローションタイプやクリームタイプ、軟膏タイプがあり、皮膚の乾燥を防ぎ血行を促すのです。

ヒルドイドは、皮膚の修復作用もあるので傷の治療にも使われています。女性の間では美容効果で知られ、化粧下地に使っている人もいます。

しかし、ヒルドイドはあくまでも保湿剤です。使い方には注意しましょう。美容目的で使う人が増えたため、問題視する人もいます。

ヒルドイドは、皮膚科で処方される保湿剤です。医師の指示に従って使用法と使用量を守り正しく使いましょう。