コンテンツへスキップ

乾燥肌でも過ごしやすい環境にしたい

乾燥肌の人には衣類選びも重要

乾燥肌の対策を行う際は、衣類への配慮も不可欠です。

秋から冬にかけて、乾燥肌の人は、より一層肌への気遣いが必要になってきます。

空気が乾燥する季節は、肌も乾燥しやすいからです。

冬場になると、肌表面は潤いを保てなくなってしまいます。

衣替えをする際には、洋服の素材の選び方が重要です。

化繊のような素材の衣類は、空気の乾燥が原因で、静電気が発生しやすくなります。

また、洋服の繊維が肌に直接触ったり、また間接的にでも触ることで、乾燥肌をさらに悪化させてしまうのです。

したがって、衣類の選び方は、綿や麻などを選びましょう。

寒い時期でも、衣類はなるべく刺激が少ないものを選択する必要があります。

地肌に触れる衣類は、綿や麻などを選び、普段から肌ケアを行うことで、乾燥肌対策を行えます。

乾燥肌を治す治療薬の種類や選び方を知りたい

乾燥肌の治療薬は、季節に関係なく、各社から塗り薬などの治療薬が出ています。

いずれの薬剤も、効果は、肌にうるおいをもたらし、かゆみが治まります。

しかし、治療薬によっては短時間しか効果がないものがあります。

あるいは、保湿効果は高くても、べたつきが激しいなど、人によって好き嫌いが分かれます。

基本的には、肌への保湿がしっかりと行われるものが良いです。
また、うるおいが長時間保つ薬剤が良いでしょう。

一日に何度も塗り替えるようでは、面倒なうえに、効率的ではありません。

塗り薬以外にも、乾燥肌用の飲み薬も販売されています。

飲み薬は、かゆみへの即効性があります。

しかし、その場は回復したように思っても、服用を継続しなければ、肌の状態を維持できません。

価格や飲みやすさなども含め、長期的に飲める薬が良いです。

乾燥肌の治療薬は、自分の症状に合ったものを選択しましょう。